リフォーム箇所によるポイントも

フルリフォームでは一度の工事で全てが終わるため、設計プランの立て方がポイントになってきますが、資金の調達がありますので部分的な工事内容になるケースも多いと言えます。内部と外部を時期を別けてリフォームするケースが多いですが、資金面でも工期の面でも効率を重視して決めることが大切です。リフォームはメンテナンスの一つですから、劣化が出てくる前に行うのが基本となります。工事を計画する順番は劣化が激しい部分を優先する必要があるため、内部で言えば水回りに手を加えるのが一般的です。外部では雨漏りを防止するため屋根の改修を先に進めるのがポイントになります。特に屋根に関しては雨漏りが発生してからでは遅すぎるため、定期的に塗装を行うなどのメンテナンスが大切です。リフォームでは高額な資金を確保する必要がありますが、一度の工事で行える部分はできる限り同時に計画するのが基本といえます。外壁のリフォームでは足場を掛ける必要がありますが、足場費用は工事費用の中でも大きな割合を占めています。外部の工事では、外壁の他に軒天井や雨樋の工事もありますので、同時に行うと足場費用を抑えることが可能なのです。複数回に分けて改修工事を行うと、一回ごとに足場費用がかかってしまうため、トータルの支出では割高になってしまい効率が悪いのです。内部のリフォームでは間取りの変更を伴う場合がありますが、間取りの変更では窓の位置や大きさが変わってしまう場合があります。窓には法律で規定されている採光条件を確保する必要があるため、間取りが変われば窓の大きさも変わるのです。窓の位置や大きさが変わると外壁部分にも影響してくるため、外壁の工事も同時に行ったほうが見た目が良くなるのです。リフォームではポイントを抑えることで効率よく進めることが可能ですが、工事箇所や工事内容だけではなく資金面での効率も検討しながら、リフォームプランを計画することが大切なのです。


▲ページトップに戻る